製品作りの姿勢
ブランド一覧
カビキラー
スクラビングバブル
パイプユニッシュ
グレード
シャット
ジャバ
スキンガード
クルー
プレッジ
テンプル
ズックリン
KIWI

アクセスマップ

製品作りの姿勢

消費者を十分に理解する。
それが、製品作りの第一歩です
ジョンソン社が目指しているのは、消費者が毎日の暮らしの中で感じている「困った」や「どうしよう」を解決する製品作りです。私たちは、日本の消費者をより深く理解するところからスタートし、日本市場で培った知識・経験とグローバルで展開するSCジョンソン社の技術を活用することで、ユニークで高品質な製品を生み出していきます。

消費者よりも深く消費者を理解する

消費者のニーズを深く理解するために、私たちは、市場調査、グループインタビュー、消費者宅訪問調査、消費者アンケートなど、さまざまな方法で調査を行っています。消費者よりも深く消費者を理解する。そこから生まれたのが、次のような消費者の「困った」「どうしよう」を解決する製品です。

お風呂の困った!→ジャバ1982年発売 カビの困った!→カビキラー1982年発売 廃油処理の困った!→テンプル1983年発売 洗濯槽の困った!→カビキラー洗濯槽クリーナー1996年発売

発売後に寄せられる消費者からの相談は、貴重な情報源です。お問い合わせ窓口に寄せられる相談内容は、分析され、マーケティング部門や製造部門にフィードバックされ、製品の改良や新たな製品の開発に生かされています。

グローバルのリソースを活用する

シャット流せるトイレブラシ 世界のいろいろな国から出された新製品のアイデアをもとに、グローバルのリソースを使って製品を開発しています。日本で製品を導入するにあたっては、必要に応じて調整を行い、日本の消費者に満足していただける製品を提供するように努めています。グローバルで開発され、日本に導入された代表的な製品の一つに、「シャット流せるトイレブラシ」があります。

環境に配慮する

ジョンソン社は、SCジョンソングループの一員として、SCジョンソン社が考案したGreenlist ™ を活用し、環境によりやさしい製品を作るよう努力を続けています。
Greenlist ™ とは
ページの先頭へ