お客さまよりお問い合わせの多い質問とその答えを紹介しています。

製品に関するトラブルが発生したときの応急処置をご紹介します。
ブランド一覧
カビキラー
スクラビングバブル
パイプユニッシュ
グレード
シャット
ジャバ
スキンガード
クルー
プレッジ
テンプル
ズックリン
KIWI

エアゾール製品を安全にお使いいただくために

ボタンを押すだけで、必要な量がシュッとスプレーされるエアゾールタイプの製品。
手軽なだけでなく、内容液は密閉されているので衛生的、均一にスプレーができる、少量を空気中に噴霧できるなどの特長により広く利用されています。

エアゾール製品の多くは高圧ガスを使用した可燃性の製品です。ご使用にあたり、下記の注意を守って安全にお使いください。

使うとき

換気をよくして使いましょう
閉めきった狭い空間で使わないこと。
室内で使うときは、必ず換気をしましょう。
火気注意!炎や火気の近くでは使わないこと
火気を使用している室内で大量に使用しないでください。また炎に向けて使用しないでください。
そのうっかりが危険!温度が40℃以上になるところに置かないこと
ファンヒーターの吹き出し口の前や、ストーブ、コンロ、湯沸機など温度が40℃以上になる所に置かないでください。缶が熱くなると内圧が上がり、破裂の危険があります。
直射日光が当たる窓際や車の中も40℃以上になることがあります。夏場のダッシュボード付近は80℃近くになることもあるので要注意!

保管するとき

缶がさびると破裂の原因に!湿気の多い場所には置かないで!
水回りや湿気の多い場所で保管しないでください。缶がさびると破裂の原因になります。特に猛暑が続く最近の夏場は室内の温度も急上昇します。直射日光が当たらない場所でも40℃以上になることもあるので、劣化した缶は破裂する危険性が高くなります。
長期間の置き忘れにご注意!
押入れや物置など、長期間置きっぱなしで忘れている製品はありませんか?
缶がさびて液漏れしているかもしれません。定期的にチェックしましょう。
子供の手の届くところに置かないで!
お子さまのいたずらにご注意を!保管の際は、子供の手の届かないところにきちんとしまいましょう。使用中にも子供やペットが触れるような場所に何気なく置かないように気をつけて!

捨てるとき

火の中には絶対に入れてはダメ!
たとえカラになったと思われる製品でも中にガスが少し残っている場合があります。破裂するおそれがあるので、絶対に火の中には入れないでください。
安全に廃棄するには下記のステップを守りましょう
  • Step1:中身を使い切る
  • Step2:缶の中がカラになったことを確認する
    風通しがよく、火気のない戸外でシューっという噴射音がしなくなるまでスプレーボタンを押してください。
  • Step3:ガス抜きキャップを使ってガスを抜く
    製品のキャップがガス抜きキャップになっている場合は、製品に記載している「ガスの抜き方」にそって、さらにガスを抜いてください。ガス抜きキャップを使う時も、風通しのよい火気のない戸外で実施してください。
    ガス抜きキャップがついていない製品はStep4に進んでください。
    ガス抜きキャップがついていない製品
    スクラビングバブル激泡バスクリーナー、スクラビングバブル激泡ガラスクリーナー、スクラビングバブル激泡キッチンクリーナー、スキンガード100mL、グレード消臭センサー&スプレー 本体・つけかえ用

    ※スプレーが泡やジェルで出るタイプの製品、窒素ガス、炭酸ガスなどの不燃性ガス 使用の製品、内容量が100g以下の製品にはガス抜きキャップがついていません。

  • Step4:缶の中がカラになったことを確認する
    風通しがよく、火気のない戸外でシューっという噴射音がしなくなるまでスプレーボタンを押してください。
ページの先頭へ