キレイと元気を磨く、夏のバスタイム

1日の疲れと汗を流してくれるお風呂。暑い夏もシャワーだけで手軽に済ませず、健康にも美容にも効くバスタイムを楽しんでみませんか。スポーツケアに詳しいマスタートレーナーの吉原玲奈さんに教わった、お風呂をより充実させるエクササイズやストレッチもお届けします。

夏こそお風呂を楽しもう!気温が上がり湿度がぐんぐん高まると、「疲れやすい」「だるい」といった体調不良に陥りがち。そんな夏バテ対策の1つとして、今年は積極的に“夏のお風呂”を取り入れてみましょう。

夏バテを知って夏バテに“喝”

全身がだるい、食欲がわかない、気力が落ちるなど、さまざまな身体の変調を引き起こす夏バテ。
ではどうして、人は夏バテしてしまうのでしょうか?

夏の暑さに対し、人の体は熱を放出することで体温を一定に保とうとします。ところがそこで費やすエネルギーの消費量に、日ごろの栄養補給や休養が追いつかず、いわゆるエネルギー不足になるのが第一の要因。

さらに冷房の効いた室内と屋外の気温の変化にさらされることで、体温を調節する自律神経が乱れ、一気に夏バテ症状が加速してしまうのです。

上手に汗をかけない人が増えている!?

ベトベトして不快な汗ですが、実は汗をしっかりかくことが夏バテ予防につながることをご存知ですか?
人は暑いと汗をかき、汗が蒸発するときに熱を奪う気化熱により体温を調節しています。だから夏に汗をたくさんかくことは、体温調節をスムーズに行うためにも必要不可欠なんですね。

ところが最近耳にするのが、「夏なのに汗をかけない人が増えている」という気になるハナシ。体内から汗を出させる汗腺は必要がないと退化していく性質があり、汗をかかないでいるとその活動を徐々に停止してしまうとか。

つまり冷房の効いた室内で過ごすことの多い現代人は、知らず知らずのうちに汗腺機能が後退してしまい、汗をかきにくい体質になってしまうのです。

汗をかかないから体温調節がうまくできず、結果どんどん暑さに弱くなる。
そんな夏バテしやすい体にならぬよう、今年の夏は意識的にしっかり汗をかきたいものですね。

芯から温まって汗をかく、夏のお風呂は最高。

そうは言っても冷房の効いた生活は避けられないし、平日は運動する時間もなかなか取れない。そんな悩みを解決するのが、38〜40℃のぬるめのお湯に約20〜30分ほどかけてゆっくり浸かる半身浴です。
夏ならば上半身が寒いと感じることなく、体を芯から温めて発汗を促す半身浴を存分に楽しめるはず。
できれば就寝の1時間前までに入浴し、しっかり汗をかくと共に自律神経を休息モードへ切り替えてあげましょう。神経が静まって自然な眠りにつきやすく、寝不足解消にもつながりますよ。

お風呂習慣と併せて、夏の風呂釜も「ジャバ」でお掃除!

夏の体調管理と心身のリフレッシュに欠かせない半身浴。
でもせっかくのバスタイムも、お風呂のお湯が汚れていたりニオイがしたら台無しですよね。
清潔なお風呂を安心して楽しむためには、浴槽だけでなく風呂釜も定期的にきちんと掃除することが肝心。
さぁ、あなたも月に一度の「ジャバ」で快適な夏のバスタイムを!

  • 詳しい製品情報へ
  • 詳しい製品情報へ

お風呂の中でエクササイズ せっかく湯船に浸かって半身浴を楽しむなら、「温熱」「水圧」「浮力」というお風呂の3つの作用を利用しながら、キレイを磨くエクササイズにトライ。心拍数の上がり過ぎに注意し、水分補給をこまめに摂ることも忘れずに!

体幹を刺激して代謝アップ!くびれたウエストと締まったヒップを手に入れよう
まだまだ耳慣れない体幹(コア=核)とは、首から上の頭部・両手・両脚を除く身体の幹となる中心部分を指す言葉。この体幹を刺激して姿勢を改善したり筋肉を鍛えるトレーニング法が、プロのアスリートを中心に年々注目を集めているそうです。
そんな体幹トレーニングに精通する吉原さんに、今回はお風呂の中で手軽にできるエクササイズを教わりました。

くびれウエストを目指す、呼吸エクササイズ

お湯を張ったバスタブに浸かり、背中から腰部分がなるべく浴槽の背もたれに沿うように、軽く脚を曲げて座る。
お尻の座骨位置を手で触って確かめ、硬い出っ張り部分が湯船の底に当たるにように座りましょう。こうすると骨盤が自然と立ち上がり、背骨のS字カーブが正しく保ちやすくなります。猫背防止になり、上半身が後ろに倒れたり、前に傾いたりせずに座れますよ。

胸部と腹部に軽く手を当てながら、胸から下腹部まで体を大きく筒状に膨らませるイメージで鼻から息をゆっくり吸い込む。
息を吸ったときに両肩があがらないように気をつけて。お腹を内側から押し広げるようにゆっくり息を吸うことを意識しましょう。

胸部と腹部をめいっぱい膨らませたら、今度は口からゆっくり息を吐きながら、おへそを体の中にしまいこむようにする。お腹が背骨にくっつくような感覚を得られるまで、息をすべて吐き切ることが大切。
2サイズ下のスカートのボタンを締めるようなつもりで、お腹をペッタンコにしてみましょう。ウエストがギューッと絞られていくのをしっかり感じてくださいね!
同じ動作を3〜5セットほど繰り返す。

美尻志願のヒップアップエクササイズ

お湯を張ったバスタブの中に立ち、片手を壁に軽く添える。
お風呂の中のエクササイズは、水の浮力や抵抗力を利用できるのでとても効果的。でも立ち姿勢のエクササイズは足を滑らす危険もあるので、常に足元に十分の注意をはらい安全に行いましょう。
膝とつま先が真っすぐ正面方向に向くように、壁に添えた反対側の足を外側に浮かせる。
浮かせた片足が曲がらないよう、膝とつま先がどちらも正面を向いていることを確認しましょう。
浮かした足をやや後ろに持っていき、この状態でヒップがキュッと持ち上がっているかを手で触って確かめる。
足先ではなく、太ももの付け根から脚全体を使ってお湯をかきまわす。右回し、左回し10回ずつ行いましょう。逆脚も同様に行います。
脚全体をお尻より後方へ大きく回すことが肝心。

お風呂上がりのセルフケア お風呂の温熱効果で体が温まった入浴後は、ストレッチやマッサージなどを行うにも効果的。キレイを磨くためにも、ぜひお風呂とセットの習慣にしたいですね。

ウエストラインを伸ばすストレッチ
温まった筋肉は軟らかくなって伸びやすいので、入浴後のストレッチは体が温まっているうちに行いたいもの。
とはいえ、汗などはしっかり拭いて体を冷やさぬようにし、水分を補給してから始めましょう。

両手を肩の高さに広げて仰向けに横たわり、両肩が浮かないように注意しながら右膝を約90度に曲げる。
そのまま左向きにウエストと腰をひねり、左足をまたぐようにして曲げた右足を横に倒す。
そのままの状態でお風呂の中で行った呼吸エクササイズを3回繰り返す。
反対の左足に変えて同じ動作を行う。
ひねったウエストラインがきちんと伸びているか、意識を集中させることが大切。無理をせず、気持ち良いと思えるポイントまで伸ばしましょう。
お腹の冷えにも嬉しいセルフトリートメント
ストレッチで体を伸ばした後は、ゆったりリラックスしながらセルフトリートメントを。 好きな香りのアロマオイルやクリームを使って、ボディを優しくいたわってみてはいかが。

お好みのアロマオイルやボディクリームを手のひらに取り、両手で温めてから手のひら全部を使って腹部全体に馴染ませる。

みぞおちから肋骨に沿って斜め下に向かい、体内の老廃物や脂肪を流すつもりで手を滑らせながら腹部を優しく押していく。この動作を左右交互に繰り返す。

脇腹など背中の気になる肉を集めながら、ウエストのくびれを作るようにお腹の中心に向けて手を滑らせる。

下腹部に両手を重ねて当て、優しく波打つように下腹部全体を時計回りにマッサージする。お腹の芯まで温めるようにゆっくりとしたペースで行うこと。
冷たい飲み物をたくさん飲んだり、冷房に長時間あたるせいで、夏の腹部は思いのほか冷えています。冷えをそのままにしていると代謝が下がり、余計な脂肪をためこむことにも。

世田谷区用賀のアロマ&コンディショニングサロン「RAYS aromatic」にて、
一般からアストリートまでを対象にアロマを用いたスポーツケアや、
姿勢改善を含めたコアコンディショニングの指導を行っている。

ページの先頭へ