Johnson A Family Company

バスタイムは美容の時間 艶肌目指して、お風呂で美活

おうちスタイル
寒さが厳しくなると、手足は冷えるし肌はカサカサ。体も肌も何となく不調だと気分も下がってしまいますよね。そんな冬こそぜひ実践したいのが、入浴タイムを使った美活の習慣。お風呂の入り方をちょっと変えるだけでOK、じんわり体を温めながら明日のキレイを手に入れましょう!

毎日のバスタイムを上手に活用。お風呂で美活、基本のルール。

温かいお風呂に浸かるのは、肌の汚れを落としたり血行を促したりするだけでなく、美容にも良いことがいっぱい。お湯や蒸気の温熱効果によって温められた肌は、表面の角層が水分を含んでやわらかくなり、毛穴が開いて化粧水や乳液などの美容成分が浸透しやすい状態に導いてくれます。ただその一方、入浴法によっては反対に、肌のダメージとなる乾燥の原因になることも。お風呂が美活の時間となるように、美容に効果をもたらす入浴法をチェックしていきましょう。
入浴前後に水分補給・お湯の温度はややぬるめ・洗顔は入浴前か入浴の最後に・入浴後のスキンケアは15分以内・就寝の1時間前に入浴

ルール1 入浴前後に水分補給

入浴前に白湯を一杯飲んで水分補給。40〜50度程度のお湯を飲むことで内臓が温まり、発汗を促し代謝も高めてくれます。お風呂上がりにも一杯飲むのを忘れずに。

ルール2 お湯の温度はややぬるめ

お湯の温度は体への負担が少ない、40度前後のややぬるめの湯に設定。20分ほどゆっくり浸かり、血行を促進して体の深部まで温めましょう。熱いお湯に肌がふやけるほど浸かると皮脂膜を必要以上に溶かしてしまい、角層内の保湿成分が流出して乾燥の原因になるので注意。

ルール3 メイク落としと洗顔は、入浴前か入浴の最後に

洗顔は汚れを取り去ると同時に潤いのバリアも減少させるので、どのタイミングでするかは肌にとってはとても重要。顔を洗ったらなるべく早く化粧水で水分を補い、乳液やクリームで油分を補給しフタをするのが鉄則です。そうなると理屈的には入浴の最後に顔を洗うのがベストですが、よりおすすめしたいのが洗面所でメイク落としと洗顔を済ませ、顔にオイルを塗ってから入浴すること。このオイルが皮脂膜の代わりとなって水分の蒸発を防いでくれます。実は洗顔に最適な温度は、ちょっと冷たいくらいの32度前後。入浴中のシャワーの設定温度では高すぎて、肌の潤い成分を流してしまうのも理由のひとつです。

入浴後のスキンケアは15分以内が勝負

お風呂で温まった肌は一言でいえば無防備な状態。浴室を出ると角層内の水分は一気に奪われ、約15分を過ぎると入浴前の肌よりも水分量が減るとされています。お風呂上がりは何をさておき、最も乾燥しやすい顔からまず保湿。化粧水を肌に馴染ませてから、美容液、乳液またはクリームの順番でお手入れをしていきましょう。そのときの肌の調子に合わせて、使うスキンケア用品のメニューも変えていくとさらに良いですね。

就寝一時間前の入浴で、寝付きを改善

美活のためにはお風呂に入る時間も大切。人は体温が低下するときに眠りを感じやすく、体温の低下の幅が大きいほどすぐ寝付くことができます。快眠のためには就寝一時間ほど前の入浴で体温を上げ、ちょうど下がってきた頃にベッドに入るのが理想的。質の良い眠りを得ることで肌も健康な状態へと導きます。

Pick up item

月イチジャバの風呂釜掃除で、お風呂のお湯をまずはキレイに。

月イチジャバの風呂釜掃除で、お風呂のお湯をまずはキレイに。

お風呂で美活とはりきってみても、肝心のお湯が清潔でなければ苦労も台無し。一見キレイに見えるお風呂のお湯も風呂釜掃除をさぼっていると、追いだき配管に汚れや雑菌が棲みついてしまいます。月に1度の風呂釜掃除を習慣にして、心置きなく美活に励みましょう。アクティブ発泡パワーが水に入れた瞬間に強力発泡。風呂釜パイプの奥の汚れや雑菌を取り除き、99%除菌してくれます。お湯のニオイが気にならなくなり、水がキレイになった効果が実感できますよ。

詳しい製品情報へ

バスタイムは美容の時間 艶肌目指して、お風呂で美活

寒さが厳しくなると、手足は冷えるし肌はカサカサ。体も肌も何となく不調だと気分も下がってしまいますよね。そんな冬こそぜひ実践したいのが、入浴タイムを使った美活の習慣。お風呂の入り方をちょっと変えるだけでOK、じんわり体を温めながら明日のキレイを手に入れましょう!

毎日のバスタイムを上手に活用。お風呂で美活、基本のルール。

温かいお風呂に浸かるのは、肌の汚れを落としたり血行を促したりするだけでなく、美容にも良いことがいっぱい。お湯や蒸気の温熱効果によって温められた肌は、表面の角層が水分を含んでやわらかくなり、毛穴が開いて化粧水や乳液などの美容成分が浸透しやすい状態に導いてくれます。ただその一方、入浴法によっては反対に、肌のダメージとなる乾燥の原因になることも。お風呂が美活の時間となるように、美容に効果をもたらす入浴法をチェックしていきましょう。
入浴前後に水分補給・お湯の温度はややぬるめ・洗顔は入浴前か入浴の最後に・入浴後のスキンケアは15分以内・就寝の1時間前に入浴

ルール1 入浴前後に水分補給

入浴前に白湯を一杯飲んで水分補給。40〜50度程度のお湯を飲むことで内臓が温まり、発汗を促し代謝も高めてくれます。お風呂上がりにも一杯飲むのを忘れずに。

ルール2 お湯の温度はややぬるめ

お湯の温度は体への負担が少ない、40度前後のややぬるめの湯に設定。20分ほどゆっくり浸かり、血行を促進して体の深部まで温めましょう。熱いお湯に肌がふやけるほど浸かると皮脂膜を必要以上に溶かしてしまい、角層内の保湿成分が流出して乾燥の原因になるので注意。

ルール3 メイク落としと洗顔は、入浴前か入浴の最後に

洗顔は汚れを取り去ると同時に潤いのバリアも減少させるので、どのタイミングでするかは肌にとってはとても重要。顔を洗ったらなるべく早く化粧水で水分を補い、乳液やクリームで油分を補給しフタをするのが鉄則です。そうなると理屈的には入浴の最後に顔を洗うのがベストですが、よりおすすめしたいのが洗面所でメイク落としと洗顔を済ませ、顔にオイルを塗ってから入浴すること。このオイルが皮脂膜の代わりとなって水分の蒸発を防いでくれます。実は洗顔に最適な温度は、ちょっと冷たいくらいの32度前後。入浴中のシャワーの設定温度では高すぎて、肌の潤い成分を流してしまうのも理由のひとつです。

入浴後のスキンケアは15分以内が勝負

お風呂で温まった肌は一言でいえば無防備な状態。浴室を出ると角層内の水分は一気に奪われ、約15分を過ぎると入浴前の肌よりも水分量が減るとされています。お風呂上がりは何をさておき、最も乾燥しやすい顔からまず保湿。化粧水を肌に馴染ませてから、美容液、乳液またはクリームの順番でお手入れをしていきましょう。そのときの肌の調子に合わせて、使うスキンケア用品のメニューも変えていくとさらに良いですね。

就寝一時間前の入浴で、寝付きを改善

美活のためにはお風呂に入る時間も大切。人は体温が低下するときに眠りを感じやすく、体温の低下の幅が大きいほどすぐ寝付くことができます。快眠のためには就寝一時間ほど前の入浴で体温を上げ、ちょうど下がってきた頃にベッドに入るのが理想的。質の良い眠りを得ることで肌も健康な状態へと導きます。

Pick up item

月イチジャバの風呂釜掃除で、お風呂のお湯をまずはキレイに。

お風呂で美活とはりきってみても、肝心のお湯が清潔でなければ苦労も台無し。一見キレイに見えるお風呂のお湯も風呂釜掃除をさぼっていると、追いだき配管に汚れや雑菌が棲みついてしまいます。月に1度の風呂釜掃除を習慣にして、心置きなく美活に励みましょう。アクティブ発泡パワーが水に入れた瞬間に強力発泡。風呂釜パイプの奥の汚れや雑菌を取り除き、99%除菌してくれます。お湯のニオイが気にならなくなり、水がキレイになった効果が実感できますよ。

詳しい製品情報へ
「スクラビングバブル ジャバ1つ穴用」を20名様にプレゼント!応募締切:2018年2月28日(水)まで
プレゼントに応募する
「スクラビングバブル ジャバ1つ穴用」を20名様にプレゼント!応募締切:2018年2月28日(水)まで
プレゼントに応募する