【おうちスタイル】吊るして、魅せる

イメージ

吊るす、掛ける、ぶら下げる。大好きなモノや必要な小物を、空間にデコレート。
すっきりキレイに片付いた部屋や、センスの良いインテリアはみんなの憧れ。でも日々暮らしていると、家の中はどうしても煩雑になりがちです。お気に入りのチェストの上も、気づけばティッシュ箱やら何やら細々とした物が置かれ、日用品の定位置に。おしゃれな雑貨を飾りたくてもスペースばかりが取られ、だんだん部屋全体がゴチャついた雰囲気になってしまうものです。そんな悩みを解決するために、ぜひ活用したいのが縦の空間。インテリアも収納も「吊るす」「掛ける」「ぶら下げる」を取り入れるだけで、すっきりとセンスアップするのは間違いなし!今回はインテリアスタイリスト村上直子さんのアイデアとテクニックをお届けします。
Hang up interior
壁に吊るす、ドアに掛ける。おしゃれに機能的に暮らす、インテリア&収納。
玄関を上がった瞬間から、どこに通されても「キレイに片付いているな」という印象を受ける村上さんのお宅。ただしそこは、ただモノが少ないだけの無機質な空間ではありません。それどころか観葉植物やオブジェなど、目に飛び込んでくるインテリア小物は多種多彩。なのにどうしてこんなに整然として映るのでしょう。 「片付いて見える秘訣は意外と簡単。何でもかんでもモノを横に並べて置かないことです。私はインテリアも収納も、なるべく吊るしたり掛けたりする工夫をしています。床やテーブルの上など、部屋の平面スペースが空いて見えていると、モノがあっても清潔感や爽快感をキープできますよ」
たとえばグリーンを飾るとき、ガーデニング用のアイアンフックを使って植物を壁に吊るすのもテクニックのひとつ。壁面のインテリアになり、空間に変化がついてかえって全体に広がりを感じさせてくれます。意外と置き場所に困るティッシュ箱も、壁に掛けておくのが村上さん流。これなら卓上の余計なスペースを取らず、必要なときにさっと使えて便利です。
イメージ
イメージ
壁掛けアイテムを上手に利用。ドアも扉裏も"使えるスペース"に変身。
吊るす収納、掛けるインテリアにおおいに役立つのが、フックやスタンド、レールなどの壁掛けアイテムです。特にフックはさまざまなサイズや形があり、ドアや扉裏も有効なスペースに変身させるスグレモノ。村上さんも室内用からガーデニング用にいたるまで、使えると思ったフックは見つけたら購入してストックしているそうです。 「ドアや扉にひっかけるだけで使えるタイプのフックは特におすすめ。明日着ていく服を吊るすラック代わりにしたり、ネックレスを掛けて見せる収納にしたりしています。また素材やデザインにこだわったフックなら、それだけでおしゃれなアクセントに。ガーデンショップや百円ショップなどにもたくさん置かれているので、ちょっと意識して探してみてくださいね」 おうちの中のゴチャゴチャ感が気になったら、少しだけ発想を転換。横に置いたものを縦に吊るして、すっきりおしゃれな空間を手に入れましょう。
イメージ
Pick Up Items
グレード ハング&フレッシュ 香りのプチバッグ 詳しい製品情報へ
グレード ハング&フレッシュ 香りのプチバッグ スリムで小さいバッグの中に、芳しい香りのビーズが入ったサッシェタイプ。付属のリボンでクローゼットのハンガーに結んだり、カゴに入れて飾ったり、そのまま引き出し内に置いたりと、さまざまな使い方ができる新スタイルの芳香剤です。シンプルでおしゃれなデザインなので、吊るすインテリア&収納と合わせて、さりげなくそこに下げておくのもOK。爽やかで清々しいなラベンダー、フレッシュではじけるようなレモン、清楚でやさしいジャスミンの3つの香りをお楽しみいただけます。
  • レモン購入する
  • ラベンダー購入する
  • ジャスミン購入する
インテリアスタイリスト 村上 直子 整理収納アドバイザー1級。整理収納のナビゲーターとして住まいの悩みをコンサルティングする傍ら、すっきりとして美しい"魅せる収納"を雑誌等で提案。自宅での「お家サロン」も定期的に開催している。
ページの先頭へ