おうちスタイル キャンドルを灯して

グレード アロマキャンドル

ライトを消してキャンドルの火を灯す。ゆらめく炎に、幸せな気分が舞い降りる。

洋画の中によく出てくるのが、キャンドルを使った素敵なインテリアやおしゃれなシーン。たくさんのキャンドルが置かれたロマンティックなムードの中で、ヒロインたちはくつろいだり、ワインを飲んだり、恋人と愛をささやきあったり。そのキャンドル使いのセンスと上手さには、いつも感心するばかりです。そこで今回のおうちスタイルでは、今すぐ真似できるキャンドルの飾り方や楽しみ方をご紹介。やさしい炎の光と香りを同時に楽しめる「グレード アロマキャンドル」を使った空間づくりを、インテリアスタイリスト村上直子さんが伝授します。

キャンドルの魔法をかけて、お部屋をいつもと違う雰囲気に。

ご主人と二人の息子さんに囲まれて暮らす村上さんのお宅は、インテリアもどこか男前。整然と片付けられた室内に、村上さんがセレクトした遊び心のある小物や雑貨が並びます。「心がけているのは、家族全員にとって居心地のいい空間。全体的に甘さを抑えているのは、やはり家族構成のせいかしら。でもときには私も、家の中でやさしいムードや華やかな雰囲気を楽しみたいときがあります。そんなとき、お部屋のイメージを変える手伝いをしてくれるのがキャンドルなんです」
普段は明るく楽しい印象のリビングも、ソファーカバーやクッションを白一色にまとめ、繊細なガラス小物とキャンドルを飾れば、たちまちエレガントな空間に。白を基調にするとキャンドルのカラーが一層映えて、その色の個性や魅力までも楽しめます。今回村上さんが選んだのは、香りも色もほんのりスウィートな “エンジェルウイスパー”。やさしいフローラルブーケの香りと甘いピンクカラーが、さりげない“非日常感”を演出してくれます。
「こんな暖かみのあるやさしい色は寝室にもいいですね。火をつけずに置いておくだけでも彩りになり、お休み前のゆったりとした時間を過ごせそう」同じ色のキャンドルでも、場所やインテリアが変わればまったく違うイメージに。多様にコーディネートできるのがキャンドルの魅力のひとつです。
magic of candle
キャンドルイメージ
寝室に

ちょっとしたセンスを効かせて、キャンドルを素敵にコーディネート。灯すだけで心を和ませてくれるキャンドル。ここでは村上さんがいつも楽しんでいるコーディネート例をお届けします。

ダイニングテーブル

Dining table

「私がよくするのが、ダイニングテーブルのセンターにキャンドルを規則的に並べる飾り方。小さなガラスの花器と組み合わせて、肩の力がほどよく抜けたリラックス感のある雰囲気にまとめます」お花は特別に準備しなくても、庭やベランダに咲く草花などで十分。キャンドルを灯し温かいお茶を用意したら、心地よいティータイムの始まりです。
クリスマスキャンドル

Holly night

クリスマスといえばキャンドルは欠かせない存在。キャンドルをお部屋に灯すだけでクリスマス気分がぐんとアップします。「クリスマスカラーの赤をポイントに、キャンドルとクリスマス風の小物を組み合わせてみました。最前列にアロマキャンドルを置き、高低差をつけると空間に広がりが生まれますよ」
リラックスタイム

Relax time

リラックス気分を誘うアロマキャンドルは、おうちでヨガをするときもおすすめ。ライトダウンされた空間にキャンドルの炎が幻想的な雰囲気を作り出します。アロマの香りに自然と心が落ち着き、心も体もリラックスモードに。「持ち運びしやすいように、トレイの中にその日の気分のアロマキャンドルをセット。お花も添えればよりおしゃれな雰囲気の中でヨガを行えます」

Pick up Items

グレードアロマキャンドル
製品情報へ
グレード アロマキャンドルは、世界のトレンドをリードするニューヨークで今もっとも売れている※アロマキャンドル。忙しい日々を過ごすニューヨーカーが素顔の自分にもどり、ゆったりとした時間を過ごすためのとっておきアイテムです。エッセンシャルオイル配合の上質な香りは全5種類。あたたかい灯りとともに香りがやさしく立ち上り、それぞれの香りに合わせたカラーも楽しめます。
※SC Johnson & Son, Inc. 調べ。2014年8月〜2015年7月のデータによる
  • エンジェルウィスパー購入する
  • フレッシュベリー&ワイルドラズベリー購入する
  • クリーンリネン購入する
  • ラベンダー&バニラ購入する
  • ピュアバニラジョイ購入する
インテリアスタイリスト 村上 直子 整理収納アドバイザー1級。整理収納のナビゲーターとして住まいの悩みをコンサルティングする傍ら、すっきりとして美しい"魅せる収納"を雑誌等で提案。自宅での「お家サロン」も定期的に開催している。
ページの先頭へ