おうちカフェ 体が温まって、美味しくて、楽しい!今夜はみんなで、ごちそう鍋。

冬のごちそう 鴨鍋
ふわっと湯気の立ちのぼる温かいお鍋は、寒い日には何よりのごちそう。いつもの定番お鍋もよいけれど、年末年始やちょっと特別な日には少しだけ手間を掛けた鍋をみんなで囲んでみませんか。フツフツと音を立て良い香りがしてきたら、具材のうまみと出汁の風味がひとつになった鍋の出来上がり。箸が進んで会話もはずむ、心も体もあったかな冬の夜。

鴨のうまみとネギの香ばしさ。クレソンをたっぷり添えた、あつあつお鍋。

肉や魚だけでなく野菜もたっぷり摂れて、味のバリエーションがいろいろと楽しめる鍋料理。家族で和気あいあいと囲むイメージですが、今回はお客様のおもてなしにも使えるメニューをご紹介します。それは濃厚な脂ののった鴨肉を、少し濃いめのコクのある出汁でいただく“鴨鍋”。具は鴨肉とネギと葉野菜だけとシンプルなのに、素材本来の美味しさが引き出され、まさに絶品の味わいです。
鴨鍋をごちそうメニューにするポイントは、事前のほんのひと手間。鴨肉は皮目だけをカリカリに焼き、大きめにカットしたネギもこんがりと焼き目をつけておきます。こうするだけで見た目も味わいもぐんとアップ。野菜は香りの高いクレソンやセリなどをたっぷりと用意して、シャキッとした食感を残す程度に火を入れていただきます。そして最後の締めはやはり蕎麦。鴨肉とネギのうまみがたっぷりしみ出た汁で食べるお蕎麦は格別です。年末年始の集まりの席にもぜひどうぞ。

作り方

鴨鍋の材料(4人分)
鴨肉は皮面のみをこんがりと焼いて脂を抜く
鴨鍋の作り方

迎春の食卓を引き立てる「水引」アレンジ

水引のアレンジ方法
水引は、ご祝儀袋などに添えられるひも飾り。最近ではデザインや色使いも多彩になり、ラッピングやアクセサリーなどに水引をアレンジして使う人も増えてきました。お正月のテーブルセッティングや、新年会のしつらえなど、おめでたい和のエッセンスを加えたいときにも便利。あなたのセンスで素敵にアレンジしてみてください。

食事のあとはキャンドルを灯してくつろぎタイム。揺れる炎とアロマの香りでゆったりと。

グレード アロマキャンドル
食事が終わっても、まだまだ続く冬の夜。お気に入りのワインを開けてもう一杯、そんな過ごし方もいいですね。照明の光を落としてグレード アロマキャンドルを灯せば、上品な香りとゆらめく炎がお部屋の雰囲気をムーディーに演出。5種類のフレグランス&カラーからその日の気分のキャンドルをチョイスして、とっておきの時間をお過ごしください。

香りのラインナップ

詳しい製品情報へ
ページの先頭へ