【おうちカフェ】風と緑と、みんなの笑顔。幸せ頬張る、青空パーティ。

イメージ

日に日に緑が濃くなり、深く茂る樹々に近づく夏を感じるこの頃。雨の合間を縫って週末の晴れ予報をチェックしたら、家族や友人と青空パーティを計画してみましょう。何はともあれ必要なのは、みんなを笑顔にする美味しい料理!手軽に準備ができてボリュームたっぷり、そんなとっておきのメニューを用意して。

お肉も野菜もモリモリ食べられる、簡単手間無しメニュー。ボリューム満点、豪快ローストビーフ。
青空の下、緑の中で食べるご馳走と言えば、真っ先に浮かぶのがバーベキュー!でも機材や食材の準備、現地での調理の手間を考えると、これが意外と面倒なもの。おまけに何だか慌ただしく、ゆっくりとした時間を楽しめなかったりもします。そこでおすすめなのが、前日に仕込んでおけるローストビーフ。塊肉をフライパンで焼くだけで、見た目も豪華な一品が簡単に出来上がります。あとは青空の下で豪快に切り分けて、バゲットに挟んだりサラダにしたり、食べ方はそれぞれのお好み次第。シンプルだけどとびきり美味しい、青空パーティの主役メニューです。
How to make フライパン1つで作れるローストビーフ
材料
イメージ
  1. 1.牛肉を冷蔵庫から出し、常温に戻しておく。肉が冷たいままだと火の通りが悪くなるので要注意。塩・胡椒を全面にふってよくすり込む。
  2. 2.フライパンにサラダ油をひき、ニンニクを弱火で炒める。香りが出たらニンニクは取り出しておく。
  3. 3.牛肉の余分な水分を拭き取り、強火で肉全面にこんがり焼き色をつける。
  4. 4.全体に焼き色が付いたら、フタをして弱火で8分ほど蒸し焼きにする。金串を肉の中心に刺してから唇にあて、生温かければちょうど良い焼き具合。
  5. 5.そのままアルミホイルにゆるく包み、粗熱がとれるまでそのままおく。こうして肉を落ち着かせることで、切ったときに大量の肉汁が出ることを防げる。
  6. 6.お手製ソースを作るなら肉を取り出したフライパンに醤油とバルサミコ酢を適量入れ、軽く煮詰めればOK。持ち運び時の液ダレが気になる人は、ジュレ状の市販の調味料などをソース替わりにしても。
Plus one ローストビーフのサンドイッチ
【青空パーティを盛り上げる、カラフルでポップな小物たち。】 屋外でも気軽に使えて便利なのが、紙やプラスチックのコップやお皿。でもあまりに実用的すぎると、せっかくのパーティ気分が損なってしまいますね。ならば素材は気軽に使えても、色や形にちょっとこだわったものをセレクト。色とりどりのペーパーナプキンや脚の付いたグラスを用意するだけで、ぐっとおしゃれな雰囲気が加わります。
ピクニックやレジャーのお出かけ前には、虫よけ対策を忘れずに。
料理も飲み物も準備完了!張り切って出かけたいところですが、その前に忘れてならないのが虫よけ対策です。自然につつまれた公園や河原、キャンプ場などは、虫にとっても居心地の良い場所。先客として居るのを覚悟しなければいけません。せっかくの楽しい時間を虫に刺されて台無しにしないためにも、正しい虫よけ習慣を実践しましょう。 ピクニックやレジャーなどお外でゆっくり過ごしたい日には、スキンガードの中でも虫よけ効果の長い「スキンガード エクストラ」をセレクト。ボトルをよく振りお肌から10〜15cm離して適量をスプレーしたら、虫よけ成分が皮膚にしっかりつくように、まんべんなく塗り広げることがポイントです。
顔や首筋などには直接スプレーせず、手のひらに一度スプレーしてからローションを塗る要領でつけましょう。お子さまが使うときも、スプレー時に吸い込んでむせたりしないよう、あらかじめ保護者が手のひらにスプレーしたものを塗るのがおすすめ。その際は首筋や脚の裏側も忘れないでくださいね。発汗量で変わりますが約6〜7時間効果が続き、お出かけ前に塗っておけば虫を気にせず思いっきり遊べます。
詳しい製品情報へ
購入する
ページの先頭へ