ジョンソン季節便り
今月のプレゼント
キャンペーン一覧
CM情報
メールマガジン案内
ブランド一覧
カビキラー
スクラビングバブル
パイプユニッシュ
グレード
シャット
ジャバ
スキンガード
クルー
プレッジ
テンプル
ズックリン
KIWI

〜暮らしの快適指数をアップ〜 今日から始める、かしこい除菌生活
その1. 除菌の常識 編

2008年6月18日更新
ジョンソン季節便り一覧へ

ジメジメした日が続くと住まいのカビやバイ菌、イヤな臭いが気になりますね。
でも日ごろの生活にちょっと気を配るだけで、毎日を爽やかな気分で過ごせるはず。暮らしの快適指数アップを目指して、除菌について知っておきたいこと、できることをまとめてみました。

除菌と殺菌、抗菌はどう違うの?

カビキラーやパイプユニッシュをはじめ、わたしたちが手にするお掃除製品の多くに除菌表示が掲載されています。
「除菌」とは、ある物質や限られた空間に含まれる微生物の数を減らし、清浄度を高めることを言います。
また、「殺菌」とは菌をほぼ又は完全に死滅させることで、「抗菌」は菌の発生や生育・増殖を抑える効果があることを示します。

みんなが気にしている! 住まいのカビやバイ菌

ジョンソンが行った除菌に関する消費者アンケート(2007年実施)によると、“除菌を意識する時期”は「梅雨時」が72%で断然トップ。ただし、梅雨時に限らず、高温多湿の夏や結露が発生しやすい冬など、一年を通じて除菌を意識している様子がうかがわれました。
また、除菌を意識するきっかけや理由としては「カビや黒ずみを目にした時」、「臭いを感じた時」などをはじめ、「赤ちゃんや子どもがいるから」、「食中毒やインフルエンザのニュースを見聞きして」と言った声があげられました。

意外と多い「除菌したつもり」

上記アンケートによると除菌を意識する場所のベスト3は、浴室、キッチン、そしてトイレ。
他にも洗面所やリビングなど住まいの多くの場所で除菌の意識が浸透している一方、そのやり方には効果のない自己流も存在しているようです。
たとえばトイレに関しては、「ブラシでこするだけ」という人も・・・。

汚れと違い菌は目に見えないだけに、効果がないのに「除菌したつもり」にならないように充分気をつけたいものですね。

かしこい除菌生活へGO!

ジョンソンではカビや汚れを落としたり、気になる臭いを防いでくれたりと、皆さんが快適に生活するために役立つお掃除製品が豊富にラインナップ。力強い味方を、住まいの場所別にご紹介します。

【洗面所】 水アカやぬめり、臭いが気になる水回り

【トイレ】 便器や床だけでなく、トイレブラシにも要注意!

【浴室】 カビの大好きな湿気や汚れが揃う場所

【キッチン】 食品を扱うキッチンはいつも清潔に

【リビング・寝室】 結露しやすい窓や壁、カーテンにカビが生えやすい場所

関連リンク

ページの先頭へ