暮らしの「はてな」?
今月のプレゼント
キャンペーン一覧
CM情報
メールマガジン案内
ブランド一覧
カビキラー
スクラビングバブル
パイプユニッシュ
グレード
シャット
ジャバ
スキンガード
クルー
プレッジ
テンプル
ズックリン
KIWI

水拭きで食卓が菌だらけ!?
アルコール除菌拭きは、頼れる強い味方。

2011年10月25日更新
暮らしの「はてな」?一覧へ
毎年、3〜4万人がかかるとされる食中毒。
しかも症状が軽かったため報告されない“隠れ食中毒患者”を加えると、その数は何十倍にも跳ね上がるといわれています。
生肉や魚、野菜などに付いている原因菌を口にすることで、つらい症状を引き起こす食中毒。毎年、原因施設が判明した食中毒事件のうちの15%近くが、家庭が原因施設だったものとして報告されています。その菌が体内に入り込む経路はさまざまですが、家庭内で特に気をつけたいのが、包丁やまな板、台ふきんなどを媒介にした「二次汚染」です。

中でも台ふきんはどうしても雑菌が繁殖しやすく、その台ふきんで調理台やテーブルを水拭きすることは、食中毒原因菌を“塗り広げる”結果になりかねません。衛生微生物研究センターの調査・実験で、「水拭き」の恐ろしい事実が明らかになりました。

水拭きしている台ふきんはホントに清潔!?


衛生微生物研究センターでは、一般家庭13件の台ふきんを回収し、付着している雑菌の数を測定しました。その結果、全ての台ふきんから、大量の雑菌を検出。約8割の台ふきんが1000万個/10㎠以上の雑菌で汚染されており、最も汚染されていた台ふきんは、なんと2.8億個/10㎠もの雑菌が付着していました。

きれいにするはずの水拭きで、実は食卓が菌だらけに・・・

さらに、今回調べた台ふきんを使い、実際に食卓を普段どおりに水拭きし、その直後の食卓表面上の雑菌を調べたところ、水拭き後も約9割の食卓が雑菌まみれでした。
しかも、約7割の水拭き後の食卓からは、水拭き前を上回る雑菌を検出。キレイにするはずの水拭きだけでは、菌を除去して清潔にできないばかりか、食卓に、台ふきんで増殖した菌を塗り広げてしまっていたことがわかりました。
『いつも台ふきんはきれいにしているから大丈夫』というご家庭でも油断は禁物。今回調査した各家庭での台ふきんの取り扱い方法を調べたところ、約8割の家庭では普段は水洗いで済ませて室内干しをしていましたが、除菌に対する意識も高く、定期的に塩素系漂白剤を使ったり、洗濯機で洗ったりと約6割の家庭が除菌を意識した取り扱いをしていることがわかりました。
では、台ふきんをきちんと消毒していても、どうして台布巾や食卓が雑菌まみれになってしまったのでしょうか。

実験で判明! 台ふきんに付いた数個の菌が、半日たったら何百・何千倍に。

その理由を明らかにするために、衛生微生物研究センターでは以下の実験をおこないました。

①水道水で洗って絞った台ふきん、②水道水で洗った後、室内で一夜干した状態の乾いた台ふきん、③台所用塩素漂白剤に一晩つけ置きし、水道水ですすいでから絞った台ふきんの計3枚を用意。台ふきんに付着した菌が時間の経過でどのように増えるかを測定しました。
下記のグラフのとおり、食中毒原因菌は4時間で10〜60倍、12時間で900〜8000倍にも繁殖!!夕食後に洗った台ふきんも、翌朝には菌の住処になってしまうことに。どの台ふきんも初めはわずかだった菌が、一定時間を超えると急激に繁殖することが明らかになりました。
  • ※0時間、4時間、8時間、12時間、16時間、24時間後の生菌数を、希釈倍養法を用いて測定。希釈倍養法とは、濃度不明の生菌を含む試料を希釈し、そこから0.1mℓずつ取り出して培地に塗布。培養して濃度ごとに生菌数を計測し、元の試料に含まれていた菌量を算出する方法です。
  • ※一般家庭では使用済みの台ふきんを水洗いしても、雑菌や栄養分(肉汁や食べカスなど)を完全に除去できないことを再現するため、台ふきんにごく微量の食中毒原因菌3種と栄養分(肉汁)を付着させました。
  • ※③の台ふきんは、一般的に台ふきんの塩素消毒は週1回程度とされているため、消毒後1回使用したと仮定した台ふきんを再現しました。
  • ※温度30度、湿度65%の環境条件を設定しました。
  • ※一般家庭の環境条件によっては実験結果より急速に菌が増えることもあります。

水拭きVSアルコール除菌拭きの“実力”を検証。

水洗いしても塩素漂白をしても、一定の時間が経てば菌が急激に増殖していた台ふきん。どうすれば食卓やキッチンまわりを清潔にできるのでしょうか?

そこで次に、時間の経過と共に菌の繁殖した台ふきんA、B、Cの3枚と、Bの台ふきんにアルコール除菌剤をスプレーしたもの(D)、キレイな乾いた台ふきんにアルコール除菌剤をスプレーしたもの(E)の計5種類の台ふきんを用意。
一般家庭と同様、食品の食べこぼしなどによって汚れていると想定した食卓を上記5種類の台ふきんで拭き、その上に残った生菌数を測定しました。

下のグラフの通り、結果は一目瞭然。水拭きVSアルコール除菌拭きの軍配は、ダントツで「アルコール除菌拭き」!!アルコール除菌剤をスプレーした台ふきんなら、水拭きでは取りきれなかった食中毒菌を限りなくゼロに近く除菌することができました。
台ふきんA : 水道水で洗って絞った台ふきん
台ふきんB : 水道水で洗った後、室内で一夜干した状態の乾いた台ふきん
台ふきんC : 台所用塩素漂白剤に一晩つけ置きし、水道水ですすいでから絞った台ふきん
台ふきんD : Bにアルコール除菌剤をスプレーした台ふきん
台ふきんE : キレイな乾いた台ふきんにアルコール除菌剤をスプレーした台ふきん

  • ※汚れた食卓の生菌数として、サルモネラ菌 52万個、黄色ブドウ球菌18万個、大腸菌16万個を設定しました。これは、見た目やニオイでは腐っているか気付かない程度に菌が増えた食品を食卓にこぼしたものと想定した菌数です。
  • ※各台ふきんで拭いた食卓面10cm×10cmを、滅菌綿棒で拭きとったものを試験試料とし、希釈培養法を用いて食卓面上の生菌数を測定しました。
  • ※0は菌が検出限度以下の菌数だったことを表しています。

アルコール除菌剤でしっかり除菌を毎日の習慣に!

実験によって、きわめて有効な除菌対策であることが証明された「アルコール除菌拭き」。さらに嬉しいのはその簡便性。
台ふきんのイヤなニオイが気になっても、毎日漂白・除菌するのは時間や手間がかかってなかなか面倒ですが、スプレータイプのアルコール除菌剤なら、乾いた台ふきんにシュシュッとスプレーして拭くだけという手軽さです。
毎日こまめに行っても苦にならず、効果的に食卓や調理台など気になる場所を除菌できるアルコール除菌拭き。家族の安心のためにもアルコール除菌剤で、簡単・しっかり除菌を習慣にしたいですね。

関連記事

  • 【毎日簡単除菌】ジョンソンおすすめ除菌製品はこちら
  • アルコール除菌スプレーを使った清潔キッチンテクニック 公開中!「アルコール除菌@キッチンラボ」
ページの先頭へ