追いだきの配管の除菌と洗浄

浴室一覧へ
お風呂を沸かしたときに汚れが浮いてきたり、ニオイを感じたりすることはありませんか? 見えないところにも、汚れや雑菌は潜んでいます。

追いだきの配管

まず、追いだきの配管のタイプを確認

お掃除の前に、ご自宅の追いだきの配管タイプを確認しましょう。追いだきの配管洗い「スクラビングバブル ジャバ」には、1つ穴用と2つ穴用があります。お風呂を沸かすシステムが違うと、汚れの質も異なるためです。
追いだきの配管タイプの確認方法

ここがポイント! 追いだきの配管の特徴と汚れの違い

強制循環式(1つ穴)
浴槽に、フィルターのついた穴が1つ開いているタイプ。
浴槽から離れた場所に追いだきの配管を設置できるのが特徴です。
図のように、内部で管路が2つに分かれており、ポンプの力で浴槽のお湯を送り、ボイラーで温めて浴槽に戻します。
循環する湯の流速が速いので、汚れはつきにくいといわれていますが、配管が長いため、雑菌などが繁殖しやすくなっています。


自然循環式(2つ穴)
浴槽に穴が2つ開いているタイプ。
浴槽の近くに追いだきの配管があるのが一般的です。下の穴から冷たい水が釜に入り、温められて上の穴から出てきます。
お湯がゆっくり循環するので、汚れが釜にたまりやすい特徴があります。お風呂を沸かしたときに、湯アカが塊になって出てくることに気付いたら、釜の中はかなり汚れています。汚れは雑菌のすみかです。


強制循環式(1つ穴)

「スクラビングバブル ジャバ1つ穴用」を使います
浴槽に、穴の上5cmの深さまで水を張ります(入浴剤が入っていなければ、残り湯でもOK)。
その中に「スクラビングバブル ジャバ1つ穴用」を入れて溶かし、2〜3分間、「追いだき」をします。初めて使用する場合、冷水から使用する場合、汚れがひどい場合、前回使用してから間隔があいた場合は、7〜8分追いだき運転をしましょう。追いだき時間が長くなっても、釜を傷めることはありません。
そのまま10分間放置。その後、汚れが溶け出た水を抜き、もう一度、同量の水を張ります。5分ほど「追いだき」をして、再び排水。これで、追いだきの配管の除菌・洗浄は終了です。

ココに注意! 必ず「追いだき運転」で

使用の際は、必ず「追いだき運転」を作動させます。自動運転で作動させると、十分な洗浄、すすぎができません。

自然循環式(2つ穴)

「スクラビングバブル ジャバ2つ穴用」を使います
クリーナーを直接、追いだきの配管の中に入れるタイプの「スクラビングバブル ジャバ2つ穴用」を使います。
上の穴に湯止めカバーがついている場合は、外して使います。
穴が上下に並んでいないタイプもあります。その場合は、熱いお湯が出てこない方から「スクラビングバブル ジャバ2つ穴用」を送り込みます。
1〜2分沸かした後、お湯をはったまま、ホースを下穴に入れて、勢いよく水を出し、釜内部に残っている汚れを出します。(※ホースがない場合は、シャワーをご利用ください。)
最後に浴槽内のお湯を排水して終了です。

ココがポイント!

必ず入浴適温の約40℃のお湯で使用すること。低温では充分に効果を発揮しません。

今回使用した製品はこれ!

スクラビングバブル ジャバ1つ穴用
スクラビングバブル ジャバ1つ穴用
アクティブ発泡パワーで汚れを落とし、
99%除菌

スクラビングバブル ジャバ2つ穴用
スクラビングバブル ジャバ2つ穴用
雑菌まみれの汚れを除菌・洗浄


ページの先頭へ