外まわり・ベランダのおそうじ

玄関・外まわり一覧へ

つい見逃したり、後回しにしがちな場所も、コツさえ知っておけば、簡単にお手入れができます。外まわりのお掃除をするときは、お隣や、ご近所への配慮も忘れないようにしましょう。

柵のついた場所の網戸

手が届きにくい網戸も「スクラビングバブル 網戸ワイパー」ならラクラク!
玄関脇の窓などで見かける柵が付いている窓。そこの網戸は手が届きにくく、お掃除がしにくいですよね。
こんな場所の網戸には「スクラビングバブル 網戸ワイパー」が便利です。
ホコリがたまっているようなら、ブラシで掃いてホコリを取り除いてから、ワイパーでお掃除しましょう。
手が届きにくい場所も、ワイパーがあれば簡単にお掃除できますよ。

雨戸の裏側

雑巾で拭く前に、ブラシと掃除機を使います
雨戸の裏側には、たくさんのホコリがついています。写真のように、まずはブラシで掃きながら、掃除機で吸い取りましょう。溝の隙間に入り込んだホコリや汚れは、これだけでずいぶん除去できます。最後に、濡れた雑巾で汚れを拭き取りましょう。

ベランダ

排水口が詰まらないよう、ゴミやホコリを取り除きます
ベランダにたまった土ぼこりやゴミをそのままにしておくと、雨などで排水口に流れ込み、詰まってしまう恐れがあります。ゴミやホコリは、なるべく乾いた状態のまま掃き集めましょう。最後に、少しずつ水を流しながら、洗車用ブラシなどで、溝や排水口を掃除します。

ここがポイント! いきなり水を流してはダメ

ベランダを掃除するときは、最初に水を流してはいけません。汚れた水が、お隣や階下に流れ込んでしまいます。必ず、掃き掃除をしてから水を流しましょう。

エアコンの室外機

ホコリを払ってから、水洗いをします
室外機の掃除も、まずはホコリ払いから。吹き出し口の細かい目にたまったホコリは、ブラシを使って取り除きます。おおまかにホコリが取れたら、雑巾で拭くか、洗車用ブラシなどで水洗いを。真っ黒だった室外機が、きれいに生き返ります。

今回使用した製品はこれ!

スクラビングバブル 網戸ワイパー
スクラビングバブル 網戸ワイパー
サッとひと拭き!カンタンスッキリ!特殊なブラシ&シートが汚れをキャッチ!


ページの先頭へ