使用済み油の処理方法

キッチン一覧へ

揚げ物などの後、不要になった油をそのままシンクに流してはダメ! 河川が汚れてしまいます。環境にやさしい廃油処理剤「テンプル」を使って、上手に捨てましょう。

料理の後、熱い油をすぐに処理するときは

火を止めて、「固めるテンプル」を入れます
コンロの火を止めて、油が熱いうちに「固めるテンプル」を鍋に入れ、溶けるまでよくかきまぜます。そのまま油を冷まし、約1時間後、油が固まったら、フライ返しなどではがし、燃えるゴミとして捨てます。
●1包で、600mlの油を固めることができます。油の量に応じて、「固めるテンプル」の量を加減してください。
●油の量に対して「固めるテンプル」が少ないと、しっかり固まりません。

ココに注意! 熱い油を「布」にしみ込ませて捨てるのは危険です!

油がまだ熱いうちに、ボロ布などにしみ込ませて捨てたら、かなり時間が経ってから発火したという事例があります。これは、熱い油が空気中の酸素と反応して、自然発火したことが原因です。空気の流通や、熱を蓄熱しやすい状況など、自然発火に必要な条件がそろった場合に起こる現象ですが、布などに油を吸着させて捨てる場合は、必ず油を冷ましてからにしましょう。

冷えた油を処理するときは

「固めるテンプル」を使う場合

約80℃まで油を温め、火を止めます
固めるテンプル」は、揚げ物をした直後、火を消し、油が熱いうちに使うのがベストですが、忙しくてつい「後で…」となったときは、油を温め直す必要があります。ただし、加熱しすぎると油が自然発火し、思わぬ事故につながる恐れがあります。冷えた油を処理するときは、次の方法を守りましょう。

<使い方>
  1. 冷えた油の量に応じた「固めるテンプル」(600mlあたり1包)を鍋に入れてから火をつけ、油をかきまぜながら温めます。
  2. 固めるテンプル」の粉が溶けたら、すぐに火を止め、そのまま冷まします。
  3. 油が固まったらフライ返しなどではがし、燃えるゴミとして捨てます。

ココに注意! 油の温度をチェック。加熱しすぎると危険!

  • 天ぷら油過熱防止装置付きのガステーブルの場合、過熱防止装置がある側のコンロを使用しましょう。
  • 固めるテンプル」は、約80℃で溶けます。それ以上に油を熱くする必要はありません。粉が溶けたら、すぐに火を止めてください。
  • 油は、200℃で油面から白い煙が立ち始め、300℃で火種があれば引火します。360℃以上になると、火種がなくても自然発火します。油を加熱するときは、絶対にその場を離れないでください。

<温度による食用油の変化の目安>
180℃:天ぷらを揚げるときの適温   200℃:油面から白い煙が立ち始める
300℃:火種があれば引火する   360℃以上:火種がなくても自然発火する

「吸わせるテンプル」を使う場合

冷えた油にパッドを浸して、ゴミ袋に
吸わせるテンプル」は、冷えた油専用の廃油処理剤です。粉ではなく、天然パルプ素材のパッドになっています。このパッドを直接、油に浸し、油をしみ込ませてゴミ袋などに入れ、燃えるゴミとして捨てます。1枚で、100mlの油を吸着します。

ココに注意! 「吸わせるテンプル」は、必ず「冷えた油」に使う

吸わせるテンプル」を熱い油に使うと やけどをすることがあります。また、冷まさずに袋などに入れて捨てると、ポリ袋が溶けたり、油が空気中の酸素と反応して自然発火したりする恐れもあります。必ず、油が冷えてから使ってください。


今回使用した製品はこれ!

固めるテンプル
固めるテンプル
調理用油をかんたんに処理

吸わせるテンプル
吸わせるテンプル
冷えた油を素早く吸い取る


ページの先頭へ