家具のお手入れ

リビング一覧へ

家具の汚れは、主に油性の手アカ。放っておくと、ホコリなどと混ざって落ちにくくなります。タバコのヤニも汚れの元です。お手入れの際は、水拭き厳禁!から拭きか、家具専用製品を使いましょう。

木製の塗装家具

洋服ダンスやテーブルなどの平面は、「ブレッジ」で拭き掃除
家具用ワックス「プレッジ家具用ワックス」は、手アカ、タバコのヤニ、ホコリなどの汚れをすっきり落とし、美しいツヤを与えます。また、ワックス皮膜で塗装表面を保護します。
プレッジ家具用ワックス」をスプレーした後、乾いた布で拭き上げます。液が床に飛び散ると滑るので、垂直面は、乾いた布にスプレーしてから拭きましょう。
※「プレッジ」は、桐ダンスなど無塗装の家具には使えません。

ここがポイント! 置き場所によって、家具の寿命に違いがでます

家具は、インテリアの主役。ところが、不適切な場所に長い間置いておくと、塗装が傷んだり、家具が曲がったり、反ったりしてしまいます。

<置き場所のポイント>
・直射日光の当たるところに置かない
・水平なところに置く
・湿気の多いところに置かない
・家具を部分的に乾燥させてしまうので、ストーブをそばに置かない
・エアコンの吹き出し口の下に置かない
木製ドアや家具のシールをはがすには
接着フックやシールをはがすときは、イラストのように、ドライヤーの熱風を当て、角から少しずつはがします。接着面に熱風を当てながら、シールをゆっくり引っ張るのがコツ。それでもはがれにくいときは、少し冷まして再び温めてみましょう。表面に塗装が施された木製ドアや家具は、仕上げに「プレッジ家具用ワックス」でお手入れしましょう。

ココに注意! 無塗装の家具は、水拭きも洗剤もNG

桐ダンスなど、塗装の施されていない家具には、水拭きはもちろんのこと、「プレッジ家具用ワックス」も使えません。きれいな布で、から拭きするのが基本です。汚れがひどいときや、傷んだときには、家具店で削り出しをしてもらいましょう。

ピアノ

「プレッジ」で拭いた後、から拭きで仕上げます
濡らした布を固くしぼり、それに「プレッジ家具用ワックス」をスプレーして拭いた後、すぐに別の乾いた布で仕上げ拭きします。

食器戸棚

外側は「プレッジ」、内側は洗剤拭きで
外側の表面は、「プレッジ家具用ワックス」をスプレーした後、乾いた布で拭き上げます。液が床に飛び散ると滑るので、垂直面は、乾いた布にスプレーしてから拭きましょう。
棚などの内側の部分は、台所用中性洗剤を薄めた液を布につけて拭き掃除。その後、お湯で拭き上げ、さらにから拭きをします。必ず乾いてから、食器を納めましょう。

テレビ・パソコン・AV機器

液晶、プラズマ画面は、洗剤拭き厳禁!
テレビやパソコンなどについたホコリは、柔らかい布で乾拭きします。洗剤を使うと画面を傷めるので、注意してください。どうしても落ちない汚れがある場合は、メーカーに相談しましょう。

飾り棚などのガラス

「スクラビングバブル ガラスクリーナー」で拭き掃除をします
木製以外のプラスチック系素材を使った棚や、飾り棚などのガラス部分は、「スクラビングバブル ガラスクリーナー」をスプレーした布で拭き取ります。

はめこみガラス

手アカ汚れを拭き取り、ピカピカに!
室内ドアのはめこみガラスは、意外に手アカで汚れています。「スクラビングバブル ガラスクリーナー」をスプレーした布で拭き取りましょう。

今回使用した製品はこれ!

プレッジ 家具用ワックス
プレッジ 家具用ワックス
汚れ落とし+ツヤだし+保護
ほこりも目立ちにくい

スクラビングバブル ガラスクリーナー
スクラビングバブル ガラスクリーナー
たれずにふきとりカンタン!ふきムラなしですばやくピッカピカ!


ページの先頭へ