網戸のお手入れ

リビング一覧へ

風にたなびくレースのカーテンの黒ずみ…。網戸が汚れている証拠です。洗濯物を取り込むときに、網戸に衣類が触れて汚れることもあります。ここでは、網戸を外さずにお掃除できる簡単な方法をご紹介します。

網戸

たまったホコリは、まず掃除機で
網戸の汚れは、レースのカーテンが汚れる原因になります。網目にホコリがたまっている網戸はいきなり拭かず、まずはブラシと掃除機で網目のホコリを吸い取りましょう。

ここがポイント! ブラシがない場合は、新聞紙で

適当なブラシがない場合は、写真のように、新聞紙を使って汚れを吸い取る方法もあります。

<おそうじ方法>
網戸の裏側に新聞紙をあてがい、片方の手で押えながら、反対の手で掃除機を動かしながら汚れを吸い取っていきます。裏側に紙をあてがうことで、はるかに吸引力が増し、汚れがよく落ちます。新聞紙は、軽く持つだけでOKです。
「スクラビングバブル 網戸ワイパー」で、縦横に拭きます
スクラビングバブル 網戸ワイパー」のシートを網戸に密着させ、均一に力がかかるように動かします。同じ方向だけでなく、縦横に拭くと網目の汚れがスッキリ落ちます。
※力を入れすぎると、網戸がたわんだり、破損したりする原因になります。

ココに注意! 網戸のある側の窓ガラスは汚れやすい!

同じ箇所にある窓ガラスでも、1枚はきれいだけど、もう1枚は汚れている、ということはありませんか?網戸と同じ側にあるガラスは、とても汚れやすいのです。
それは、雨が降ったとき、網戸の目に詰まった汚れが飛び散って、ガラス面に付着するから。「せっかくガラスをきれいにしたのに〜」と嘆く前に、網戸も一緒にきれいにしましょう。きれいに見えても、網戸は意外に汚れています!

今回使用した製品はこれ!

スクラビングバブル 網戸ワイパー
スクラビングバブル 網戸ワイパー
サッとひと拭き!カンタンスッキリ!特殊なブラシ&シートが汚れをキャッチ!


ページの先頭へ